携帯料金を滞納した結果、ローン契約や保証会社の審査に影響が出た!

毎月の携帯料金は、スマートフォンの普及により、どんどん高額になっています。音声通話が無料になるプランやデータ通信パック、そしてスマートフォンの端末代金が含まれます。

今では、スマートフォンの実質ゼロ円販売はされていないものの、過去にこのサービスを利用し、携帯料金を滞納した結果、ローン契約や賃貸物件の保証契約が出来なくなりました。

実は、スマートフォンの端末代金におけるカラクリに、気付かなかったため個人信用情報機関の登録情報に返済遅延の履歴が残りました。

そもそも、実質ゼロ円といっても、端末代金がタダではなく、毎月の携帯料金から端末代金を差し引いたり、キャッシュバックによるものです。現在の端末割引のシステムと同様であり、スマートフォンを割賦購入していることになります。

つまり、割賦販売法が適用されるため、携帯料金の支払いが遅れると割賦販売法・貸金業法指定個人信用情報機関(CIC)へ契約情報と利用状況が登録されます。その結果、支払遅延を引き起こすと発生日から5年間は記録が残ってしまいます。

この点に気付かず、3回ほど支払遅延を起こしてしまいました。そして、カードローンの契約を行った際に、銀行の審査は通過したものの、保証会社の審査が不合格となっています。

さらに、アパートを賃貸する際、保証人無しのプランを申し込んだところ、保証会社の審査が不合格となり、原因を突き止めることとなりました。

その結果、CICに記録されている情報の開示請求を行った結果、遅延情報が残っており、最低5年間は各種ローンや保証会社の審査が通り難い状態となっていました。
そして、極めつけがクレジットカード会社の利用枠が減額されたことです。

利用していたクレジットカード会社もCICの情報を定期的に確認し、与信情報を確認していたため、返済能力が低下したと判断されてしまいました。

現在では、支払遅延はないものの、発覚から2年が経過した今でも審査が難しい状態にあるため、高額な商品を購入したり、賃貸物件の契約更新には注意する状況です。

カードローンと保証会社の役割と関係